FC2ブログ

艦隊戦2018.07.21

30戦、与14(46.7%)、被5(16.7%)、与クリ30(1戦あたり1.0)、被クリ28(1戦あたり0.9)

前半:15戦、与4(26.7%)、被5(33.3%)、与クリ13(1戦あたり0.9)、被クリ18(1戦あたり1.2)
後半:15戦、与10(66.7%)、被0(0.0%)、与クリ17(1戦あたり1.1)、被クリ10(1戦あたり0.7)

前半は7-7で与4被5と与<被でボロボロだったが、後半は5-5で味方に強い人が多かったおかげで与10被0と全然違う結果となった。

 被沈は、抜けクリはまだ仕方ないとして(もちろん改善の余地はあるが)、なんでもない1-1からの被沈が3回もあった。
 タイマンの時と違って漕ぎを入れていないので、旋回の感覚がちょっとずれているのかもしれない。
 3回のうち2回は水弾貫だったので防御スキルにした方がよかった。

 攻撃面では、抜けクリは1回しか決められなかった。30戦もして1回。。。
 とりあえず回数を重ねないと上手くならないので、与被の数値は一時的に悪くなるかもしれないが、キャノでインにいってもっと抜けクリの機会を増やそう。

艦隊戦2018.07.09

6戦、与5(83.3%)、被1(16.7%)、与クリ17(1戦あたり2.8)、被クリ3(1戦あたり0.5)

 今日は4-4。前回の7-7と違って人数が少ないので、外周ブーンで大丈夫か心配だったがインの人が耐えてくれた。
 彼我の相手が違うので一概に比較はできないが、前2回と比べると与被や与被クリの数値はよくなった。

 攻撃面では、装甲艦相手でもシュミネヴォル混ぜの流れクリで落とせるとわかった。
 肝心の抜けクリは1回だけ決めることができたが、それもタイミングが遅かった。エンター砲撃の癖が付いていたり、抜けクリ停船ができていないなどの課題があったので、もう一度基礎から抜けクリを復習し直そう。

 防御面では、被1は抜けクリで船首を狙われたので後入れで直阻止を入れようとしたが、F8に直阻止を入れていたので、いつもより外側のボタンという意識が強すぎて、さらに外側のボタンを押してしまい空振り。後入れでF8というのがしっくりこないし、他の場面でも修理連打の癖で押してしまう。煙幕弾防御は入れなくていいという一旦の結論なので、煙幕弾防御のところに直阻止を入れよう。

艦隊戦2018.07.06

17戦、与4(23.5%)、被3(17.6%)、与クリ24(1戦あたり1.4)、被クリ14(1戦あたり0.8)

 先日やった艦隊戦はかなり内容がボロボロだったのでBCで鍛えてからと思ったが、BCと艦隊戦は違うので艦隊戦で慣れた方がいいという励ましをいただき、BCも今は行われていないこともあり、再び艦隊戦に挑戦。

 今回は7-7だったのもBC的だったことも影響したのか、前回よりはだいぶ戦えた。

 先日の敗戦後にフレなどにも最新の状況などを色々教えてもらったりした。
 まず、船は艦隊戦用マルタがあるが、艦隊戦なら帆船の方がいいのかなと考えた。私の帆船はドーファン止まりなので周りの人の最新の船を見て、サンティシマトリニダかサティスファクションと思っていたが、今日の対戦相手を見たらアドベンチャ・ギャリが多かった。オポルトではアドベンチャ・ギャリが主流らしい。装甲値が一番高いからか。
 いずれにしても今回は造船をまだしていなかったので、装甲艦ドーファンで参戦して、途中から艦隊戦用マルタに替えた。

 次に、前回は装備やSSがタイマン仕様のままだったが、フレと話をしていて大提督だと回避R13だったことに気づいた。艦隊戦をやるたびに転職しなけばならないのかと思ったが、大提督でも回避フルブーストすると回避R20にできた。回避ブースト装備だけでも砲撃系は全てR20だった。白兵値はさすがに下がったが。ピースコッド・ベリード(緑)を防御鍛錬具で鍛えたい。

 次に、防御スキルはベースとなる回避・連弾防御・除去に加えて煙幕弾防御・直阻止と5つあるので、前回はどれを入れたらいいか混乱した。とりわけ視野が狭いのでシュミネへの恐怖心が強く煙幕弾防御を重視したのと、直阻止を多用していた。何人かのフレと話をしたところ、シュミネは回避で耐えらえるので煙幕弾防御は入れていないという人がいた。また、直阻止はポイントポイントで使っているということだった。
 確かにタイマンでシュミネを使っていた経験から、相手に煙幕弾防御ではなく回避を入れられただけでかなりダメージが落ちたので、回避で耐えられるのかもしれない。
 また、直阻止は前回は後ろから抜けクリを狙われているのに後入れで直阻止を入れるぐらいダメな使い方をしてしまっていたが、前から狙われているなら直阻止だけでいいし、後ろから狙われているなら直阻止以外の回避・弾防御を入れればいいという、冷静に考えれば当たり前のことだが、使い分けがわかった。
 これで防御は、ベースの回避・連弾・除去を入れればいいとわかったので、かなりすっきりした。

 次に、大砲は前半はカロキャノにしたが、フレとの話では全シュミネ使いはいなくてシュミネならヴォルカンかキャノ混ぜだと聞いていたので、後半はシュミネとヴォルカンの混ぜにした。


 肝心の内容は、前半はカロキャノで装甲艦ドーファンでインに入ったが、囲まれて何もできないことが多かった。やはり視野が狭いのか。
 後半は艦隊戦用マルタに乗り換え、シュミネヴォル混ぜで外周気味に動いて視野も広めに意識したところ、流れクリで与を獲れるようになった。追い風なら多少距離があっても1350以上のダメージが出て落とせることがわかった。

 攻撃面では、流れクリは「読み砲撃」が重要だと感じた。あとは、タイマンではエンター砲撃に切り替えていたが、艦隊戦では対象となる相手が複数なのでクリック砲撃の方がいいとわかった。
 抜けクリは、フリーで撃てるチャンスも何度かあったが一度も決めることができなかった。これが最大の問題。

 防御面では、3沈したが1沈目は抜けクリを狙おうとしたところをラムアタックで落とされた。2沈目は抜けクリを狙おうとしたところを別な相手に撃ち抜かれた。
 3沈目は抜けクリを決められたもので相手が上手かったので仕方ないとして、1沈目・2沈目はどちらも抜けクリを狙っているところなので、抜けクリを狙う時は的だけを見るのではなく、周り6割・抜けクリの的4割ぐらいで、周りの方を意識するようにしよう。

 風向きはまだ見れないので知らない。

 フレのおかげで艦隊戦も少しは戦えるようになったのでよかった♪

艦隊戦2018.07.01

11戦、与0(0.0%)、被4(36.4%)、与クリ8(1戦あたり0.7)、被クリ18(1戦あたり1.6)

 久しぶりに艦隊戦をしたが、ボロボロでダメだった。
 視野が狭くなっているし、気持ちにも余裕がなかった。

 BCで練習してもう少しまともに動けるようになるまでは、味方に迷惑をかけるので艦隊戦は厳しい。

艦隊戦2017.12.29

10戦、与3(30.0%)、被2(20.0%)、与クリ13(1戦あたり1.3)、被クリ24(1戦あたり2.4)

 抜けクリが相変わらず当たらない。
プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
CL (72)
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ