実戦2017.02.24

 14戦、与2(14.3%)、被4(28.6%)、与クリ8(1戦あたり0.6)、被クリ24(1戦あたり1.7)

 二日酔いが治ったのでインすると、艦隊戦をやっていたので混ぜてもらって4-4で対戦。
 結果はボロボロだった。

 船を実戦用ラレアル、装甲艦ドーファン、砲艦ドーファンところころ入れ替えたり、大砲もカロキャノ、シュミネ、カロキャノと迷走。
 実戦用の船を造ろうかな。

 被沈4のうち2沈はアホ沈。帆船のドーファンでいつものラレアルの感覚で大旋回したら被クリとなってしまった。

 肝心の動きも、旗だったこともあるが、外にいることが多かったのでインに入ってパス出しなどのチャンスを造れず、全体的にダメだった。
 私はインキャノタイプなので廻りにアタッカーがいるとしっかり動けるが、自分が落とし役になるとダメになるので、そういう環境でもちゃんと戦えるようにしたいな。
関連記事

タイマン2017.02.20

 今日の前半は少し舵が重かった。後半は白兵即抜け素撤退地獄にあった。

1戦目vsダイダイさん
 相手は司令塔・網ラレアル、士官、カロ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 久しぶりの対戦。
 ダイダイさんは白兵屋だが最近は砲術家で砲撃を強化しているようだったので、今日も砲術家と思ったが士官に戻っていた。
 それでも砲撃が強くなっていると思われるので、砲撃での攻めを警戒した。

 実際に対戦が始まってみると、以前であればダイダイさんは砲撃は受けに回って白兵で勝負に来ようとしてくるタイプだったが、今回は砲撃でも速度に乗って船首クリを狙ってきたり、すれ違いざまに急旋回クリで攻めてきたので、砲撃戦でも防御面で気が抜けなかった。

 白兵に入ると、相変わらず白兵値は高く、白兵屋でもあるので怖かったが、今回は相手は白煙弾が多かったのと、2回目の白兵で戦術vs銃撃カウンターが決まり優勢をとることができた。

 お互いに速度に乗った砲撃戦の中盤で、旋回したところ舵が重い気がした。旋回入力のタイミングや角度が悪かったのかもしれない。原因はわからないが、いずれにしても速度戦の展開なのに、これはヤバいと思ったので旋回を速めにするように心掛けた。この点は、自分の嫌な予感を信じることができたのでよかった。

 白兵で攻めて相手が抜けた後、追い込みの砲撃でクリを当てたが、キャノンの装填が間に合っておらず落としきれなかった。
 その後は耐久は回復されきってしまったが、砲撃追い込みで修理圧迫にはなったので、外科まで手が回らなかったのか船員が回復しきる前に白兵に入ることができた。銃撃vs防御カウンターも決まり、そのまま白兵拿捕で勝利。
 
2戦目vsぺくれなさん
 相手は仕込み・網オスガレ、士官、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 ぺくれなさんも白兵屋だが、最近は砲撃が強くなっていて前回は急旋回クリで負けたので、砲撃も警戒。

 白兵に入ると、ぺくれなさんはホントに白兵読みが上手いので1手1手が緊張して白兵した。戦術vs突撃カウンターを喰らった後、戦術vs銃撃カウンターが決まり、白兵値ではこちらが有利になった。
 あと一歩まで行くが、終盤でこちらが突撃で攻めてもおかしくない場面で、相手に戦術を使われ銃撃vs戦術カウンターを喰らったため拿捕までは届かなかった。ここで戦術カウンターかと驚き、さすがの白兵読みだと思った。

 2回目の白兵は、開幕で戦術vs銃撃カウンターが決まったが、相手の白煙弾が成功し白兵攻めができなくなったので、壷攻めに切り替え。相手のOP仕込み爆弾が成功して、こちらの方が耐久が危なくなったのでこちらから撤退。

 その後は中間合いの砲撃戦になるが、この対戦でも舵が重くなることがあり頭クリを喰らってしまう。
 舵には多少不安があったが、そんな中でも「積極的に攻める」意識は持つことができた。終盤の首相撲では危ない場面もあったが攻めた。

 その後の白兵で、白兵読みで読み勝つことができたのはよかった。

 最後の白兵では、相手の耐久が削れた状態で白兵に入ったので、こちらが壷攻め、相手が白兵攻め。相手の耐久はまだだいぶ残っていたので、仕込み爆弾で一気に行こうとしたが全く成功しない。全然成功しないので壷に切り替えた。これなら最初から壷にしておけばよかったと思ったので、もう仕込み爆弾は捨てる。
 壷で相手の耐久も減ったが、仕込み爆弾で手間取ったこともあり、こちらの船員も二桁まで追い込まれた。ぺくれなさんとの白兵はいつもヒヤヒヤのチキンレースの展開になるが、なんとか攻めきり壷拿捕で勝利。

3戦目vsクロヌス・ルーリさん
 相手は迎撃・網・装甲艦ソレイユ、守備衛生隊、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、5改良カロ

 ダイダイさん戦の抜け後の追い込みで、キャノンの装填が間に合っていなかったので5カロにした。

 相手の耐久が1400と高いので序盤は耐久削り狙い。相手の機雷が痛いので除去を入れて、こちらも機雷で攻めることにした。
 機雷で多少は耐久が削れたものの、まだまだ高いまま。

 砲撃での攻めに転じたがダメージが出ない。5カロにしたためかと思ったが、装甲艦改装という認識が弱かった。相手が耐久が高く装甲値も高く、そのうえ装甲艦なら、砲撃での攻めは捨てた方がよかった。

 白兵で攻めようと思い接弦で白兵に入るが、相手は迎撃でこちらが攻めるまでに時間がかかるが、すぐに抜けられる。1度だけ混白が獲れたが、これも即抜けされてしまう。

 「読み旋回」でクリを当てるものの落としきれず。間合いが遠かったのでキャノ混ぜでも落とせなかったか。

 相手は帆船なのでこちらが速度では上なのはわかっていたが、クリはなかなか当てられるものではないのでもう少し耐久を落としてから速度砲撃で攻めるつもりだった。しかし、なかなかその耐久を落とすことができない。
 最後も首相撲後の機雷攻めにこだわったあまり、相手に首相撲で飛ばされ頭クリを喰らい敗北。


 最後の場面は、まず白兵前の舵を入れていたので、抜け後にその方向へ動いた。首相撲は白兵前の舵から始まっているので、白兵前の舵を把握するようにしよう。
 相手の首相撲の砲撃タイミングはすごかったので参考にしよう。

 それと、タイマンで装甲艦の相手はあまりいなかったが、装甲艦への対処法をもっと考えよう。

 砲撃での攻めは単調だった。急旋回クリやフェイントクリを織り交ぜた方がよかった。展開が悪いと気持ちにも余裕がなくなり、攻めも単調になってしまうのかもしれない。展開が悪い時ほど別な攻め方が必要なので、そういうときこそ多様な攻めをもっと意識しよう。 

4戦目vsクロヌス・ルーリさん
 相手は重量・投錨機雷・網・耐砲撃ナポガレ、守備衛生隊、カロ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 大砲はカロキャノに戻した。
 対戦が始まると、相手は重量と投錨機雷で攻めてくる。

 相手は遠間合いを維持し続けるタイプだった。このタイプは焦って無理に追うところを狙われるので、追わずに精神戦の我慢比べ。動画は編集せずにそのままアップしたがほとんどお見合い。

 なんとか近づいて白兵に入ると、今度は相手に迎撃がなく白兵で攻められる白兵値だが、毎回毎回即抜けされてしまう。あまりにも即抜けされるのでイライラしたが、元々の対戦自体が精神戦だったこともあり気持ちを切らずに耐えることができた。

 ライン際で相手が急旋回したところに読み砲撃で頭クリを当てるが落としきれず。しかし、ここが攻め時ととらえ、追い込みをかける。追い込みでも船尾クリを当てるが、またキャノンの装填が間に合っておらず。そのまま白兵になった。動画で見直すと壷で攻めれば1回で壷拿捕だったが、突撃で攻めてしまった。抜けられた後は、首相撲を仕掛けクリを当てるが、またまたキャノンの装填が間に合ってないが、その直後の横砲撃で勝利。統計上は首相撲にしておこう。

 今日も「積極的に攻める」ということはできたので、近いうちに達成できそう。ただし、「多様な攻め」に課題を残した。

 抜け後に首相撲を仕掛けることが多くなったが、キャノン装填が間に合わないことがかなり頻発しているので、砲撃SPSを入れて一括点検を抜くか。

 クロヌス・ルーリさん戦の敗戦の首相撲は衝撃的だったし、タイミングを含めて首相撲の奥の深さを感じた。ミラさんや明日蘭さんがやるような相手の前に行って押し下げる技はまだできていないし、第9シーズンは首相撲の修得を目標にしようかな。

 取組項目①:「積極的に攻める」90%(↑10%)
 取組項目②:「攻める時も防御意識を保つ」50%(↑10%)
 取組項目③:「多様な攻め」40%(↓10%)
 取組項目④:「早め回避旋回」45%(↑10%)
 取組項目⑦:「白兵読み」90%(↑10%)
 取組項目⑧:「逆旋回しない」45%

 動画は続きから。

続きを読む

関連記事

タイマン2017.02.19②

 昼間もタイマンをしたが、夜も引き続き「積極的に攻める」がテーマでタイマン。

3戦目vsミラ・フィナーシェさん
 相手は先制・司令塔・網ラレアル、フィリ、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 中間合いでお互いに速度に乗って砲撃戦。急旋回クリ狙いで船尾側に旋回して攻める。相手も迎撃の反転旋回してくるので気が抜けない。
 1度の旋回でクリを当てられる相手ではないので二の矢・三の矢の旋回をして攻めた。
 「積極的に攻め」つつも、「攻める時も防御意識を保つ」こともできた。 

 白兵に入ると、白兵値はほぼ互角だが、相手は抜け後の首相撲狙いなのか白兵スキルで攻めずに撤退しようとするので、こちらは白兵スキルで攻めた。
 抜け後に相手が首相撲や急旋回クリ狙いに来るのを読んで、「早め回避旋回」をできたのはよかった。

 ただ、相手の旋回も鋭く、迎撃の砲撃すらできないぐらい厳しい攻めだった。こちらが急旋回した後に相手が反転旋回すると、私の悪い癖の「逆旋回」が出てしまうが、今回も出てしまった。今回は白兵になったので事なきを得たが白兵になっていなかったら危なかった。

 2回目に白兵は、白兵読みが決まり、銃撃vs防御カウンターを決めることができた。

 3回目の白兵で攻めた後、抜け後に首相撲を仕掛けクリを当てる。全スロ砲撃ではなかったため落とせなかったが、これで耐久、船員ともに削れて修理・外科圧迫となったため相手の焦りが生まれ、追い込みで相手の船尾が向いたところに早め砲撃が決まり勝利。

4戦目vs Daenerys_Targaryenさん
 相手は迎撃・特殊衝角・衝角戦術北欧重ガレー、砲術家、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 相手は強い砲撃と強い機雷で何度も負けているので怖いが、積極的に攻めることを心掛けた。

 ライン際で相手がラムアタックに来るところに頭クリを当てたが、またもやこういう時に限って防御スキルだった。まだ少し「積極的な攻める」気持ちが足りない。

 相手のラムアタックで大浸水したので、浸水が回復するまでは受けに回ったが相手に間合いを詰められたので、接弦で白兵に行くことにした。白兵では、相手は迎撃だが攻撃値は高くないので時間をかければ白兵で攻められるが、ラム効果と煙玉で早めに抜けられてしまう。
 混白狙いもラムバリアがあるので、なかなか狙いにくい。白兵攻めや混白狙いは難しそうなので、やはり速度に乗って砲撃で攻めることにした。

 相手も速度に乗ってラムアタックと強い砲撃で攻めてくるので怖いところだが、「積極的に攻める」ことがテーマだったので、以前と違って覚悟があり怖さも克服できた。
 最後は相手がラムアタックに来るところに「読み旋回」が決まり勝利。「早め砲撃」もできていたし、「読み旋回」は私の最終目標なので、それが決まって快心の勝利だった♪

5戦目vs Daenerys_Targaryenさん

 連で再戦。
 今度も積極的に攻めて、ライン際でラムアタックに来るところに頭クリを当てた。今回は砲撃スキルをちゃんと入れていたし、全スロ砲撃だったが、相手が回避あるいは回避連弾を入れていたようで、全然ダメージが出ずに落とせなかった。なるほど、ラムで浸水させるまでは防御重視なのか。

 それでもクリ直後に白兵になり壷押しで攻めたので、抜け後はこちらが追い込みをかけた。しかし、大浸水しているのと速射を入れるつもりが除去を入れてしまっているので、嫌な予感がした。

 直後に相手が急旋回クリ狙いに来て、見事にクリを決められ敗北。

 回避旋回はしたつもりだったがワンテンポ遅かった。ラムアタックや急旋回クリ狙いをしてくる相手に対しては、もうワンテンポ早く回避旋回しよう。
 それと海連打もあったので、縮帆旋回を完全復活する。

 最近は負けフラグの認識や嫌な予感を活かせていない。もっと自分の感覚を活かすように心掛けよう。

6戦目vs Daenerys_Targaryenさん

 1勝1敗だったのでもう1戦しようということで再再戦。
 
 ラムアタックに来るところに頭クリを当てる。今度は相手は回避を入れていなかったが、近すぎたため3カロしか発射で来ておらず、また落とせなかった。

 壷押しの後は相手に凌ぎ切られて回復されてしまう。
 
 お互いに速度に乗った砲撃戦。相手がラムアタックに来ると読んだので旋回したところ、相手が違う方向に旋回したが、「攻める時も防御意識を保つ」意識はあったので、またぎ旋回で対処できた。
 その直後は急旋回クリ狙いの形になり相手の船尾を追う。小さな旋回で追わずに、真っ直ぐ進んだおかげで速度に乗り、相手が離れていくところに旋回撃ちが決まり勝利。

 これでDaenerys_Targaryenさんには第8シーズンでやっと一つ勝ち越しだが、それでも6勝5敗。第8シーズンの負け数が16敗なので、対戦数が多いのもあるが、デニーさんだけで3分の1を占めている。最初の頃に比べるとだいぶ戦えるようになってきたので、しっかり勝ち越せるように頑張ろう。

 「積極的に攻める」が今日のメインテーマだったが、手応えはあった。一昨日のがまぐれではなく、形にすることができた。マドラさん戦で不甲斐なさを痛感し、ミラさんに練習相手になってもらい、アリスさんからの言葉でヒントをもらい、やっと迷走から抜け出せそうな感じがする。

 取組項目「早め砲撃」はだいぶできるようになったので、達成したことにしよう。

 取組項目①:「積極的に攻める」80%(↑20%)
 取組項目②:「攻める時も防御意識を保つ」40%(↑10%)
 取組項目③:「多様な攻め」50%(↑10%)
 取組項目④:「早め回避旋回」35%(↑10%↓5%
 取組項目⑤:「早め砲撃」100%(↑5%)
 取組項目⑦:「白兵読み」80%(↑5%)
 取組項目⑧:「逆旋回しない」45%(↓5%)

 動画は続きから。

続きを読む

関連記事

タイマン2017.02.19①

 今日もメインテーマは「積極的に攻める」。先日はいい感じだったので、なんとか今日も上手くいけば形になる。

1戦目vsトシキさん
 相手は迎撃・耐砲撃オスガレ、砲術家、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 相手は復帰したとのことで、かなり久しぶりの対戦。
 以前の戦い方の詳細は覚えていないが、1年ぐらい前の白兵前クリ2連敗のトシキさんショックは覚えているので、白兵前の旋回に気を付けることにした。

 開幕直後に近間合いの砲撃戦。相手は砲術家だったので砲撃は強いと予想していたが、500ダメージと予想以上に痛かったため、たまらず連弾を入れる。これで漕船を入れられなくなったので、速度に乗ることができなくなった。

 白兵に入ると、相手は迎撃。火炎壷で火災を発生させてから仕込み爆弾をしてみたが成功しなかった。

 抜け後に首相撲を仕掛けたが、こちらの方が頭クリが危ない場面が2度あった。漕船を入れておらず速度に乗れないことも影響しているのか。首相撲を仕掛ける時は漕船を入れた方がいいのかもしれない。

 相手は耐砲撃がついていたが、こちらの強い砲撃は通用した。相手の強い砲撃は連弾を入れてからダメージが半減したので、速度以外はこちらのペースで戦うことができた。

 白兵でも迎撃に対して白兵読みが当たり、徐々に白兵値に差が付いて白兵拿捕で勝利。

2戦目vsトシキさん
 相手は迎撃・耐砲撃オスガレ、砲術家、キャノ混ぜ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ
   
 相手は大砲をキャノ混ぜに変えてきた。混ぜでも400超のダメージでかなり痛い。
 浸水したままの場面も何度かあった。砲術家相手やキャノ相手の時は浸水させられやすいので、浸水に気を付けよう。

 前半は、白兵押しから抜け後の砲撃の追い込みでこちらが主導権を握ることができたが、凌ぎ切られてしまった。

 後半は白兵でも白煙弾で対処されたり、銃撃主体の攻めを読まれて銃撃vs戦術カウンターを喰らってしまう。白兵値にまだ差が開いていなかったので突撃が少なかったが、船員削り目的ではなく相手の戦術封じのために突撃を見せておいた方がいいとわかった。
 白兵で攻めあぐねている間に、相手の仕込み爆弾が成功する。仕込み爆弾の後、壷で押されて耐久が危なくなり、こちらから撤退する場面が2度あった。こちらの仕込み爆弾はなかなか成功しないのに何故なのか。。。 

 白兵前クリを警戒し過ぎて、混白を獲れなかったし、白兵前砲撃もなかなかできなかった。白兵前クリを警戒するのはいいが、だから攻めれないのではなく、慎重に対処して攻めるべきだった。

 最後は抜け後に首相撲を仕掛け、船首クリが決まり勝利。

 白兵前クリを警戒し過ぎて白兵前砲撃に行けなかったのは反省点だが、全体的には首相撲を含めて攻めることはだいぶできた。


 取組項目①:「積極的に攻める」60%(↑10%)
 取組項目②:「攻める時も防御意識を保つ」30%(↑10%)
 取組項目③:「多様な攻め」40%
 取組項目④:「早め回避旋回」30%(↑10%)
 取組項目⑤:「早め砲撃」95%
 取組項目⑦:「白兵読み」75%(↑5%)
 取組項目⑧:「逆旋回しない」50%

 動画は続きから。

続きを読む

関連記事

タイマン2017.02.17

 今日のテーマは「積極的に攻める」=「勇気を出して攻める」。昨日のマドラさん戦があまりにも不甲斐ない内容だったので、勇気を出して攻める練習をするため、ミラさんに練習相手をしてもらった。練習なので負けても大丈夫と自分に言い聞かせて挑戦したところ、1度は負けたが、攻めて勝つこともでき、少しは勇気を出して攻めることができた。その後は練習ではなく本番で戦った。

1戦目vsかりん☆さん
 相手は迎撃・司令塔・強化砲門アサフリ、砲術家、キャノン
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 開幕直後に相手の船の耐久をチェックすると1434とかなり高い。まずは耐久削りを狙って水弾貫にしたが、相手の船が速く遠間合いを維持されてしまい、ダメージを出すことができなかった。
 白兵抜け後に機雷で攻めるために、接弦を入れて白兵に行くことにした。
 
 白兵に入ると、白兵で攻める予定ではなかったが、行動力削り狙いで戦術をしている間に相手の船員がかなり削れてきた。白兵攻めに方針変更し、突撃で攻めきり白兵拿捕で勝利。

2戦目vsミラ・フィナーシェさん
 相手は先制・司令塔・網ラレアル、フィリ、3改良カロ・2キャノ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 いよいよ本番。ここで勇気を出して攻めることができるか。とりわけ好敵手で何度も戦っているミラさんは、こちらの攻める旋回を読んで迎撃の反転旋回で船首に廻ってくるし、首相撲も上手いので、中間合いでも近間合いでも攻めるには一番怖い相手。

 序盤は遠間合いの立ち上がり。速度に乗って攻めようとするが、相手の方が速度が上で船首に廻られる。とにかく攻めようと思い、リスクの高いトリッキーフェイントもやってみた。

 白兵に入ると、攻撃値は相手が上で、防御値はこちらが上。何度も白兵をするが、突撃vs防御カウンターや銃撃vs戦術カウンターを何度も喰らい、白兵全体は負けだった。銃撃vs戦術カウンターは致命傷なので、銃撃はもっと慎重にしよう。

 抜け後は、相手の土俵である首相撲に対して、いつもなら受けで防御を重視するところだが、今日はこちらも攻める形で対処した。かなり怖かったが、こちらも攻めているので相手にプレッシャーを与えることはできた。

 中盤で相手から急旋回クリで大ダメージを喰らいやばかった。こちらの船が先行している場面だったので、急旋回クリを警戒して読むべきだった。回避旋回をしたが間に合わず被クリになった。縮帆旋回を復活させるか。

 こちらも急旋回クリ狙いで攻めることができたのはよかった。
 最後は急旋回クリ狙いから、相手が反転したところに旋回撃ちと読み砲撃の併せ技が決まり勝利。

 今日は何度か旋回を繰り返して攻めたところいい感じだった。相手も回避旋回をする事を考えると1回の旋回でクリを決めるのは難しいので、二の矢、三の矢の攻めをするようにしよう。
 昨日のマドラさん戦と同様に20分強の長期戦になったが、今回は攻めた結果なのでよかった。

3戦目vsアリス・テレジアさん
 相手は迎撃・強化砲門オスガレ、砲術家、カロ
 こちらは先制・司令塔・網ラレアル、大提督、3改良カロ・2キャノ

 アリスさんショックを克服するべく、今日の最後はアリスさんと対戦。
 
 相手の砲撃が強い上に回転数も早いので、その強い砲撃に対しては回避を入れて対処してみた。
 序盤は相手を崩すために、相手は迎撃ではあるが、白兵で攻めることにした。

 白兵に入ると迎撃で防御値が高くなかなか攻めることができないので、迎撃対策として仕込み爆弾で攻めてみた。しかし、全然成功しなかった。やっぱり仕込み爆弾はダメなのか。仕込み爆弾の前に、ラピュセルを使うか、壷で火災を発生させるとかもう一工夫してみよう。
 前回の終盤は白兵で押せたので、今回も白兵に入って船員を削って相手を崩す戦略だったのに、仕込みにこだわり過ぎて逆にこちらの船員を削られてしまった。

 中盤の砲撃戦では、漕船を切って回避を入れて受けに廻り、相手が白兵前砲撃してきたところに迎撃の砲撃で混白狙いをしようとしたが、相手から白兵前砲撃には来なかった。ここで「攻める」気持ちを思い出し、回避を切って漕船を入れて、こちらから攻めて白兵前砲撃に行った。白兵前砲撃からの壷攻めで攻めることができ、徐々にこちらが主導権を握れるようにすることができたのはよかった。

 最後はこちらから攻めて白兵に入り、抜け後に首相撲を仕掛け、相手の船尾が向いたところにクリが決まり勝利。攻めた結果、勝てたので嬉しい勝ちだった。

 「積極的に攻める」ということができたのはとてもよかった。対戦後にアリス・テレジアさんと話をしていて、私は自分が受け型だと思っているが、相手にはガンガン攻めるタイプとのことだった。攻撃型の第7シーズンの反動で、今の第8シーズンは受け型に戻そうとして迷走中だが、第6シーズンまでは受け型でありつつ、もう少し攻めていたのかもしれない。今日の感じは良かったので、次回も積極的に攻めよう。

 カロキャノでも「速度に乗る」ことはできるようになってきたので、取組項目「速度に乗る」は達成したことにしよう。

 取組項目①:「積極的に攻める」50%(↑↑25%)
 取組項目②:「攻める時も防御意識を保つ」20%
 取組項目③:「多様な攻め」40%(↑10%)
 取組項目④:「早め回避旋回」20%
 取組項目⑤:「早め砲撃」95%
 取組項目⑥:「速度に乗る」100%(↑5%)
 取組項目⑦:「白兵読み」70%(↓5%)
 取組項目⑧:「逆旋回しない」50%

 動画は続きから。

続きを読む

関連記事
プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:☆ちゃぷちゃぷ団☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ