タイマン2018.04.21

 タイマン界に新しい強敵が現れた。

1戦目vs amoseroさん
 相手は直阻止・司令塔・網大安宅、砲術家、キャノ混ぜ
 こちらは破壊工作・網・漕船補助マルタ、砲術家、3改良カロ・2キャノ

 相手は教導書と風神を使うというので、こちらも教導書と風神を使うことにした。

 序盤は中間合いの速度戦。白兵に入ると、前回と比べて相手の白兵値は低めになっていた。
 機雷は機雷除去で対処された。近間合いに行くと横砲撃が強くキャノ多めの混ぜ大砲だと思われる。

 相手は除去を入れたり、前回は回避・連弾を入れていたので模擬ラータイプの受け型という認識で、速度戦では流れクリが当たりそうにない。このため、抜け後に首相撲で攻めることにした。
 抜け後に追いかけて首相撲にはなったものの、大旋回で相手の船尾に廻るつもりが相手の船首を引っ掛けて、相手を自分の目の前に押し下げてしまい、首相撲自滅で船首クリを喰らい敗北。


 まず、相手の砲撃タイミングが見事だった。教導書で板が痛むので勝負を急いだ焦りはあったかもしれないが、それは言い訳に過ぎないので、私の三大悪い癖「旋回スルー」「海連打」「逆旋回」を探った。
 「逆旋回」はない。「海連打」は少しあるか。「旋回スルー」でもないとは思うが、カーソル位置をずらしているタイムラグが影響した可能性はある。マウス設定のDPI感度を上げてみよう。

 自分でぶつかって自分を硬直させているので、根本的な敗因は首相撲の仕方。首相撲は詳しくないのでわからないが、相手が船体が短い大安宅だったので、引っ掛かってしまって押し下がったのかもしれない。船体が短いという点ではオスガレも要注意か。
 被クリした直前ばかり見直して敗因を探っていたが、それより少し前から見直すと、そもそも抜け直後に左に旋回して相手を追う形ではなく、右に旋回してすぐに相手を押し下げるのが本来の首相撲か。相手を追う形になったので、深追いの首相撲になった。深追いの首相撲に気を付けることにしよう。 

2戦目vs amoseroさん

 切り込み旋回すると、相手は迎撃の頭クリを狙ってくる。やはりカウンター狙いの受け型か。 

 白兵に入ると、相手の白兵値が上がっていた。
 先ほど負けたので秘密兵器の破壊工作を2日連続で使う。

 破壊工作が成功して抜け後に追い込みをかけるが、こちらの帆直しをしていなかったので追いつけなかった。帆直しをもっと修理連打ぐらいの感覚でやろう。破壊工作の破壊する帆はランダムということだが、補助帆が1枚の大安宅は2回目の破壊工作で帆破壊は生じなかったので、補助帆を破壊するとわかった。

 迎撃の頭クリを狙われているので切り込み旋回は怖かったが、急旋回クリ狙いに出る。相手が回避旋回で船尾を抜けたところにクリが決まり勝利。 

3戦目vs amoseroさん

 今度は相手は切り込み旋回で攻めてくる。受け型だという認識は誤っていた。
 さらに、こちらが切り込み旋回すると、迎撃の頭クリ狙いではなく、相手も反転旋回して攻めてくるようになった。06:10の場面はまさにその形で、一瞬相手を見過ぎて「旋回スルー」気味になったので危なかった。

 07:15の場面は、相手の切り込み旋回に対して読み旋回で船尾に廻りクリを当てたが落としきれなかった。

 10:00の場面は、「逆旋回」をしてしまい、クリを当てられて危なかった。「逆旋回」を改善するという課題は前に達成したはずなのに、まだちょくちょく出てしまう。

 最後は、相手側に切り込み旋回した直後に、相手が反転旋回で攻め返してきた。相手の船首クリにヒヤリとしたがなんとかかわして、相手の船尾に旋回撃ちが決まり勝利。

4戦目vs amoseroさん

 白兵でも勝負がしたいとのことだったので、最後の1戦だけ白兵スキル攻めの封印を解いた。以前の構成に戻そうとしたら、今シーズン用のOP変更で先制OP付きのマルタがもう無くなってしまっていることに気づいた。

 1回目の白兵に入ると、先制OPがないため白兵攻撃値が600を少し下回っていた。それまでの癖で開幕で白煙弾を使ってしまったが、白兵防御値では勝っていたので素直に突撃をすればよかった。

 2回目の白兵では、相手から白兵前砲撃を受け相手は壷で攻めてくるので、こちらは白兵スキルで攻め返した。耐久が削れてくるがまだ余裕があると思いきや、あと一歩まで追い込まれて素撤退でかろうじて負けを免れた。1回目、2回目の白兵ともに状況判断が鈍っている。
 
 最後は、速度に乗って近づいてくる相手に白兵前砲撃をしようとしたところ、これが回転撃ちとなり勝利。
 「回転撃ち」が今まで成功したのは全てまぐれで、これを自力でできるようにならないとサッチャンと同じ土俵には上がれない。来シーズンはフェイントだけでなく回転撃ちにも挑戦しようかな。そのためにも今シーズンは防御面の課題をクリアできるようにしたい。


 3戦目に顕著に表れているとおり、こちらが切り込み旋回した直後に相手に反転旋回されるパターンが課題。このときに慌てて「旋回スルー」「海連打」「逆旋回」になることが多い。相手に反転旋回されることも読みに入れることにしよう。
 「逆旋回」の悪い癖もまだ残っている。今シーズンは防御の強化なので、「逆旋回」も取組課題に入れる。

◆取組課題①「旋回スルー」15%(0%)
 ・相手を見過ぎない。
 ・視点切替を左クリックをしてみる。
 ・切り込み旋回直後に気を付ける。
 ・切り込み旋回直後に、相手が反転旋回することを読みに入れる。
◆取組課題③「海連打」0%(0%)
◆取組課題④「逆旋回」0%(0%)

<中長期課題>
 「フェイント」、「白兵の受け」、「回転撃ち」

 動画は続きから。


続きを読む

関連記事

タイマン2018.04.20

 久しぶりにマドラさんと対戦。

1戦目vsマドラ・モイライさん
 相手は仕込み・網・漕船補助オスガレ、砲術家、キャノ混ぜ
 こちらは破壊工作・網・漕船補助マルタ、砲術家、3改良カロ・2キャノ

 マドラさんは機雷を踏ませるのが上手いのと、キャノ多めの混ぜ大砲で速くて強い砲撃が痛いので、近間合いは不利と考え、中間合いの速度で攻める方針。

 私が相手が攻め型か受け型かの判別は、並走から船首を向けて切り込んで攻めてくるのが攻め型で、これに対してこちらが相手側に踏み込むとその分、相手が外側に少し旋回して間合いを保つのが受け型。
 マドラさんは後者の受け型だと思っている。実際、速度では勝っていて旋回撃ちを狙うが、これが外れるとちょうど相手が少し外側に旋回した位置にこちらの船首が向いてしまい船首クリを喰らう形となってしまう。02:25の場面はまさにその形だったので、こちらの旋回の踏込を大きくしてなんとか船首クリを凌いだ。

 抜け後に再びハの字型から旋回撃ちを狙える形になったが、速度的に少し間に合わなさそうだったので砲撃タイミングをワンテンポ遅らせ、速度砲撃で船首クリが決まり勝利。

2戦目vsマドラ・モイライさん
 相手は網・耐砲撃・漕船補助マルタ、砲術家、キャノ混ぜ

 相手はマルタに乗り換えてきた。
 序盤は中間合いのメリゴだが、的確に機雷を踏まされてしまう。

 白兵直前に1戦目と同じく速度砲撃で船首クリを狙うが、相手がマルタに乗り換えて速度が上がったのか船首クリを決めることができない。
 さらには、リリィ・ハーツさんに負けた反省から、受け型相手に対しては、流れクリは難しいので首相撲を絡めようという対策を考えていたので、今回のマドラさん戦も首相撲で攻めようという戦略だったが、ことごとく間合いを空けられてしまう。

 並走状態からは、相手は外側に回避旋回するので旋回撃ちもやりづらい。私が初めてフェイントクリを成功したのは忘れもしないマドラさんが相手のときだったので、この状況を打開するためにフェイントクリに挑戦しようかと一瞬思ったが、それは来シーズンに繰り越すことになっていたのでフェイントクリは思い留まった。

 07:40の場面は、横砲撃の帆破りから速度砲撃で船首クリが決まったが落としきれず、とどめの旋回撃ちはかわされてしまう。

 白兵では相手の白兵攻撃値が高く白煙弾で対処するが、白煙弾失敗が何度か続いたり、戦術錬成で行動力を削られたりと防戦一方だった。13:30の場面は、開幕から白煙弾が3連続妨害で諦めてすぐに抜けようとするが、それもままならない。

 後半は、強い相手にしか使わないことにしている「破壊工作」を使うことにした。しかし、また抜け後にすぐに間合いを空けられ、大浸水も回復させられてしまう。再び壷攻めに戻すが、これも上手くいかない。

 このため、再度破壊工作に賭けることにした。抜け後はいつもは弾道学を切って速射に切り替えているが、今回はことごとく間合いを空けられているので弾道学のままにした。そして抜け後にこの対戦で初めて首相撲が成功した。相手が引っかかっている間に弾道学でも装填が間に合った。破壊工作の帆破壊と大浸水の効果があったのか、離れていく相手に船尾旋回撃ちが決まり勝利。
 

 今日は「海連打」対策の縮帆旋回をする余裕は無かった。
 切り込み旋回直後の「旋回スルー」は少しは意識できた。

◆取組課題①「旋回スルー」15%(0%)
 ・見過ぎ
 ・視点切替
 ・切りこみ旋回直後
◆取組課題③「海連打」0%(0%)

<中長期課題>
 「フェイント」、「白兵の受け」、「回転撃ち」

 動画は続きから。

続きを読む

関連記事

タイマン2018.04.16

 水曜日から体調を崩して寝込んでいたので、DOLにもインできずブログアップも遅れた。

1戦目vsぺくれなさん
 相手は仕込み・網オスガレ、士官、キャノ混ぜ
 こちらは破壊工作・網・漕船補助マルタ、砲術家、3改良カロ・2キャノ

 序盤から耐久削りではなく速度戦でクリ狙い。ぺくれなさんとの戦いは、相手の急旋回クリ狙いが上手いので一瞬でも回避旋回が遅れるとこちらがやられるが、それに対するこちらの読み旋回が成功すればこちらがチャンスということで、スリルがあって面白い。
 白兵では、先制SSは入れていたが船員数が相手の方が少ないからか、こちらが後攻となり抜けづらかった。

 04:45の場面は、相手側に急旋回したところ、相手の船首砲が当たったのはいいとして、それで停船した直後に旋回が遅れて船首クリで大ダメージを喰らった。これも「旋回スルー」。修理も止まっていたので危なかった。何をボーっとしていたのだろう。

 07:55の場面は、急旋回クリ狙いが上手くいったが、砲撃タイミングが遅くてクリを決めることができなかった。動画で見直すと速度は遅くないようだが、対戦中はずっと速度も遅い感じがしていた。

 11:55の場面は、完全に「旋回スルー」。そしてこの形が多いと改めて感じた。つまり、こちらが切り込み旋回した直後に相手が旋回してくると、どちらに回避旋回するか相手を見過ぎて「旋回スルー」になる悪い癖があるとわかった。切り込み旋回直後の旋回スルーに気を付けよう。

 最後は、少し間合いが遠かったが相手が急旋回して船首を向けたところに、読み砲撃が決まり勝利。

2戦目vsぺくれなさん
 相手は焼き討ち・網・強化砲門オスガレ、士官、キャノ混ぜ

 相手は焼き討ちオスガレに乗り換えてきた。
 開幕直後の00:40の場面で、相手の急旋回クリ狙いでやられたと思った。旋回は早めにしていたつもりだったが「海連打」がよくなかったのか。

 帆直しは、まだ完ぺきではないが、だいぶよくなってきたと思う。

 白兵では、今度は焼き討ちで攻められる。大火災で水が減るので煙玉で早めに抜けようとするが、ここでも後攻でなかなか抜けられない。抜け後は、消火に追われて追い込み砲撃ができなかった。
 終盤になると、水の残りが少なくなってきた。白兵攻めはしないので白兵合戦での不利は少ないものの、このまま船員を削られると砲撃の方でもフルファイアができなくなる。

 最後は、抜け後の首相撲から、相手が船首を向けたところに早め砲撃が決まり勝利。


 なんか今日はお互いに舵が重いということで2戦で打ち止め。
 今日は全体的に砲撃タイミングも合わなかった。BGMを少女時代に戻してみよう。

 「旋回スルー」は、気を付ける場面が切りこみ旋回直後とわかったので半歩前進。
 「海連打」はどうしようかな。また「縮帆旋回」でもするか。

◆取組課題①「旋回スルー」15%(↑5%)
 ・見過ぎ
 ・視点切替
 ・切りこみ旋回直後
◆取組課題③「海連打」0%(0%)

<中長期課題>
 「フェイント」、「白兵の受け」、「回転撃ち」

 動画は続きから
関連記事

タイマン2018.04.14

 今日は商会イベントでプチタイマン大会。
 大会といっても順位付けする形ではなく、集まったみんなでタイマンを楽しもうというもの。
 楽しもうというものなので、非公式戦扱いでお気楽気分で参戦しシュミネ砲艦スタイルを試してみたら、耕運機さんに敗北、フランキーさんに2敗と、開幕から全敗となった。
 3戦目後に話をしたところ、フランキーさんは私の動画を見直して癖の研究をしたり船も考えてきたとのことで、それならこちらも全力で応えなければならないと考えて、お気楽気分を捨ててガチ対戦。 

1戦目vsフランキーさん
 相手は轟音機雷・迎撃・網・強化砲門・耐砲撃バミューダ、砲術家、キャノ混ぜ
 こちらは破壊工作・網・漕船補助マルタ、砲術家、3改良カロ・2キャノ

 相手は轟音機雷とキャノンの強い砲撃で攻めてくるので、中間合いで速度で攻める方針。
 最後は、相手が船首を向けて切り込んできたところに、読み砲撃で船首クリが決まり勝利。

2戦目vsフランキーさん

 先日の反省点があるので、中間合いを基本としつつも序盤から積極的に攻めるように心掛けた。
 近間合いに行くと相手のキャノンの砲撃が痛い。
 今度は相手も慎重に攻めてくるのでなかなかチャンスがない。連弾を入れて白兵の壷攻めから首相撲などで攻めることにした。
 壷である程度攻めることができたので、抜け後に首相撲気味に砲撃で追い込む。相手は迎撃で防御値は高かったが素撤退失敗が響いて外科圧迫にもなったので、相手の修理が遅れ横砲撃で勝利。

3戦目vsロードさん
 相手は直阻止・司令塔・迎撃・漕船補助ラレアル、士官、キャノ混ぜ

 久しぶりの対戦。
 相手は前はスーパー迎撃だったが、今回はさらに直阻止も加わっていた。
 白兵に入ると相手は白兵で攻めてくる。白煙弾で対処した後に壷で攻め返すが、戦術錬成で行動力をゼロにさせられてしまい、抜け後の追い込みができなかった。
 その後も白兵では壷で攻めるが、白兵が長くなると行動力ゼロになってしまうのと、船員も削られてフルファイアできなくなるので、早めに抜けることにした。
 そういえば、破壊工作があるのを失念していた。
 速度砲撃で攻めるが、相手は受け重視なのでなかなかクリを当てることができない。
 相手は士官キャノで近間合いの砲撃が強く、白兵前砲撃ではこちらが撃ち負けた。

 15:45の場面は、切り込み旋回したところ相手も旋回して来て船首クリが危なくなったので慌てて回避旋回したが、「海連打」と「逆旋回」になっていて危なかった。

 24:50の場面は、抜け後の首相撲から船尾クリを当てたが、弾道学を切って速射を入れるのをサボったためキャノの装填が間に合っていなかったのか、カロしか発射されず落としきれなかった。これで勝てる時に勝ちきらなかったので負けフラグが立ったと思った。

 26:20の場面は、切り込み旋回で相手も旋回してきたところ、相手を「見過ぎ」と「視点切替」で「旋回スルー」になった。

 終盤は、相手が直阻止メインになったのでさらにクリが難しくなった。負けフラグが立っているので負けて元々で、無理目の攻めを多くしたが、クリを決めることができない。

 最後は、遠めのハの字型から早めに旋回したところ、旋回リズムが合わずに遅れた結果、ちょうどいいタイミングで旋回となり、急旋回クリが決まり勝利。


 その後は、普段戦う機会がない人達と対戦して楽しんだが、これも非公式戦扱い。


 「旋回スルー」は原因はわかっているが、対処がまだわかっていない。「気をつける」という漠然とした内容ではなくて、具体的に「○○する」「○○しない」と内容ことでないと、改善できないと思う。
 「見過ぎ」は、読みが外れてもいいからワンテンポ早めに旋回するようにするか。 
 「視点切替」は、右クリックを試してみよう。

◆取組課題①「旋回スルー」10%(0%)
 ・見過ぎ
 ・視点切替
◆取組課題③「海連打」0%(0%)

<中長期課題>
 「フェイント」、「白兵の受け」、「回転撃ち」

 動画は続きから。
 チャット画面を消そうとしたが上手くいかないので限定公開。

続きを読む

関連記事

タイマン2018.04.12

 今日は負けた。

1戦目vsリリィ・ハーツさん
 相手は強化衝角・網・強化砲門・漕船補助オスガレ、砲術家、カロ
 こちらは破壊工作・網・漕船補助マルタ、砲術家、3改良カロ・2キャノ

 相手は受け型なので「フェイント」に挑戦しようという方針。
 序盤は耐久削りを狙うが、間合いが少し遠くてダメージが出ないのと、機雷攻めは除去をきっちり入れられてなかなか耐久を削ることができなかった。

 速度砲撃で攻めるが、相手が受けに徹しているので攻めあぐねる。
 クリは何度か当てたが、相手が防御スキルを入れていないのにダメージが出なかった。遠いのか。

 「フェイント」での攻めもできずにいたが、最後に二段階旋回の「フェイント」で攻めたところ、二段階目の旋回のタイミングが遅くて「フェイント自滅」となり、船首クリを喰らい敗北。
 攻めが単調だったのと、フェイントを挑戦するには相手が悪かった。攻めが単調ということに関しては、今シーズンは白兵スキルでは攻めないが、壷押しや抜け後の首相撲など、もう少し白兵を絡めた攻めをした方がよかった。

2戦目vsハルナ・キリシマさん
 相手は重量・投錨機雷・直阻止・強化衝角・強化砲門ナポガレ、砲術家、カロ混ぜ

 この対戦でも「フェイント」に挑戦しようとしたが、重量と投錨機雷で速度を落とされたのでフェイントに行くことはできなかった。
 中盤の白兵で、破壊工作で攻めたところ壷で攻め返され、まだ余裕があると思い破壊工作を続けたが、あと一歩で耐久拿捕のこところまで追い込まれて危なかった。破壊工作は大浸水と帆破壊までできればいいので4回目で留めておこう。
 最後は、首相撲から船尾に廻り、早め砲撃が決まり勝利。

3戦目vs amoseroさん
 相手は直阻止・司令塔・網大安宅、士官、キャノ混ぜ

 初対戦。名前は初めて見かけるので最近対人を始めたばかりの人かと思って多寡をくくっていたら、大安宅なのに速いし操船やスキル切替もしっかりしているので、まだまだ強い人はいっぱいいるのだなと思った。

 相手は教導書機雷で攻めてきたが除去入れずに攻めた。昨シーズンはほとんど防御スキルを入れずに攻めたが、今シーズンは防御もちゃんとやるはずだったので除去を入れた方がよかったか。スキル切替でも昨シーズンの悪い癖が残っている。

 間合いが近くなると、相手はキャノンが多めのようで砲撃が痛い。
 白兵に入ると、大安宅なので白兵値は高いが、白煙弾で上手く対処できて壷で攻め返すことができた。あと一歩まで追い込むが、抜け後は相手がしっかり機雷除去などを入れて凌がれた。
 
 最後は相手の切り込み旋回に読み旋回で船尾に廻り、早め砲撃でケツクリが決まり勝利。


 3戦とも全体的に序盤の耐久削りで慎重になり過ぎて時間がかかっている。戦っていても面白くない。その割に耐久削りをしてるのに落としきれない場面が増えてきている。序盤からもう少し積極的に攻めよう。

 「フェイント」はいろいろ試す部分が多いので勝率にこだわる今シーズンには向かないようだ。今シーズンは防御面の強化に専念することにして、フェイントは次の攻めのシーズンに繰り越して、代わりに「海連打」を今シーズンの取組課題に格上げする。
 
◆取組課題①「旋回スルー」10%(0%)
 ・見過ぎ
 ・視点切替
◆取組課題②「フェイント」0%(0%)

<中長期課題>
 「海連打」、「白兵の受け」、「回転撃ち」

 動画は続きから。

続きを読む

関連記事
プロフィール

ベジータ☆

Author:ベジータ☆
サーバー:Astraios
国籍:オスマン
所属商会:フライング・サーカス

最新記事
最新コメント
カテゴリ
CL (72)
カウンター
海事がんばる仲間の延べ人数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ